自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。ある条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。
売りに出すときには還付の対象から外れます。

さらに、還付金がある場合でも勝手に振り込まれるわけではないのです。
保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。



車査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、いよいよ実車の査定をしてもらうことになるわけですが、この時点で必要になる書類があります。自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。

業者が来る日が近づいてから忙しく立ち回らなくてもいいように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に一通り揃えておいた方が安心です。これらの書類に関しては、何か他のものでかわりにはできませんので、紛失していた場合には、再発行の必要があって、それなりに時間がかかりものもありますから注意してください。壊れて走らなくなった車を廃車手続きしようとすると、諸費用が数万円かかるので、故障して動かなくなった車を買い取ってくれる専門の業者を探して買い取ってもらったほうがいいです。

インターネットでいろいろ調べると、不動車の買取を専門に扱っている業者がたくさんでてきます。


自分で廃車処理をするよりも買い取ってもらうとむしろ手間いらずでいいかもしれません。
自賠責保険の契約をやめると残存期間に応じた契約金の戻り分があるのですが、中古車を売却する時は買取する業者が名義の変更で対応するため、返戻金をもらえないと思います。しかし、その分を買取額に足してもらえることが少なくありません。



それに、自動車任意保険の場合は、保険会社に聞いて、返戻金をもらってください。
新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。

何を優先するかは本人次第ですが、処分しようという車の年式や車種などによって買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。



僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。


すると買取業者のほうが高かったのです。


あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、さっそく新車の頭金にあてました。
下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。



車の評価を受けるときには他社のパーツを付けている車は一般的に価値が低くなってしまうのでメーカーの部品に戻すようにしてください。ただし、正しいパーツに戻すのに工賃がかかるときは、戻す金額よりも工事費のほうが高くつく危険性ががあるため元の状態に戻さずに今のまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。



ローンが終わっていない場合、車の下取りや車買取に出したりできるのでしょうか。中古車販売店の名義になっていて車に所有権が付いているときは所有権解除する目的でローンの一括返済を虐げられます。この際に、ローン残高を新規のローンに上乗せして、ローン残金を一括で完済できれば、車下取りが可能です。

買い換え前に乗っていた車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったので引き取ってもらうにしても無料引取りになると思っていました。
そのため、新車を買ったときにそのままタダで引き取らせてしまいましたが、その引き取ってもらった車が後日、そこそこの値段を付けられて転売されているのを見ました。それなら買取業者を当たって査定をお願いし、適正な売却価格を調べておくべきだったと今になって悔しく思っています。通常は自動車を売ると言ったら中古車買取店に査定に出すでしょうが、個人同士で売り買いするというケースもあります。


売買の間に業者が介入しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売買契約を結ぶことが可能になります。
そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから大変煩雑ですし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにするといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。車査定を頼む前に、車体についている傷は直した方がベターなのか気になることですよね。簡単にすぐ自分で直せる程度の小さい傷であるなら、直した方がよいと考えられます。


でも、自分で直せないような大きな傷の場合は、修理に出さずに車査定をそのまま受けた方がよいのです。